中国進出・視察を応援します!

2008年12月10日

gigabitに移行

RAID対応のNASを導入しようかと思って、まずは環境をギガビットに移行しました。
今のNASってほとんどギガビット対応ですね^^
10台ちょいあるPCのうち半分くらいはオンボードでギガビットに対応しています。
新たに買ったのは、ギガビット対応のSWICH。
TP-LINK TL-SG1024
どうやらジャンボフレームには対応していないみたい。
まあ、ネットワークプリンターやら設定が必要やらいろんなものの問題が出る可能性を考えるとジャンボ対応はしなくていいかなって気もしています。
値段は500元くらいでした。(タオバオ)

サーバーのほうは、Fedora core3にRTL8169をくっつけたら、何もしないで認識使えるようになりました。

で、いざ全体をつなぐと・・・
ギガ対応のうち、4台が認識しない OR 100ベースでしかつながらない。
cat5のケーブルがだめなんかな。
つながってるPCだと、以前より3倍はスピードがでています。
PNGファイルあたりの拡大サムネールの表示も速いです。

スピード計測までしたいけど、ちょいめんどうだな。
VISTAのネットワークモニターみたいなやつで、以前は10Mあたりでちょうど頭打ちだったのが、50Mくらいでています。(アバウトだ・・)
晴れ期限切れドメイン
posted by barrel at 12:10| Comment(0) | TrackBack(1) | PC等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24110379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

レンタルサーバでの失敗
Excerpt: レンタルサーバを借りる場合には、色々とポイントがあります。例えば、動的な言語を使うか、使わないか。言語によっては使える環境が整っていない場合があるのはもちろんですが、バージョンが違ったり、設定がいじれ..
Weblog: 私のレンタルサーバ日誌?
Tracked: 2008-12-29 00:11