中国進出・視察を応援します!

2010年02月04日

verifying DMI pool data (Fedora core 3)

verifying DMI pool dataという表示で止まってしまったので、解決方法をメモ。

どうやらこのエラーでた原因は何らかの影響でブートドライブの優先度が変わってしまったようです。
BIOSから適切にブート順位を直したら無事起動しました。
posted by barrel at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年12月15日

HDD買ってきました。

PCの使用率も90%オーバー。サーバーも90%オーバー。バックアップディスクも90%オーバーと頭が痛い感じになっているので、HDD買ってきました。
西安路
ちょうど西安路まで行く用事があったので、いつもの拓金。

HDD
買ったのは、RAID用のWD6400AAKS 640G(330元)とSeagateのST31000528AS 1T(650元くらい)。
今、HDD不足のようで1TはSeagateしか選べませんでした。

ひとまずはバックアップ用の1Tをくっつけました。

以下メモ。
最初にknoppixから、新しく買ってきたHDD(1TB)をフォーマットする。
knoppixのコンソールで
su

passwd
で適当なPWを設定、qtpartedから新しくテーブルを作り、ext3にして保存。

待ち時間5分

デスクトップのアイコンを右クリックし書き込み可に変更。

バックアップ元からコピー
# cp -a /mnt/hda1/* /mnt/hdb1/

待ち時間
予想5時間くらい(500Gのバックアップだけど、2時間くらいでやめちゃいました。)

hda1とかの名前は毎回その環境に合わせて読み替えること
posted by barrel at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年11月21日

PerlでGmailのSMTPを利用してメール送信

Linuxサーバーを使って、ちょうどやりたいことが実現できそうなので、メモ
GMAILから添付ファイル付きメール送信[Perl]

インストール方法は
1.CPAN起動(Ubuntuには最初からCPANがはいっています)
$ sudo cpan
質問はデフォルト値でよいので、基本はEnter連打でよい

2.「cpan[1]>」のプロンプトが出たら、installコマンドでインストールする
cpan[1]>install Net::SSLeay
cpan[2]>install Test::More
cpan[3]>install IO::Socket::SSL
cpan[4]>install Net::SMTP
cpan[5]>install Net::SMTP::SSL
cpan[6]>install Authen::SASL
cpan[7]>install MIME::Entity
cpan[8]>install Jcode

特にエラーがなければOKです。

とのことですが、MIME::Entityでエラーがでました。
install Test::Harness
install MIME::Entity
で解決。
上の一行は原因ではないのかも。

テストOKで実用的です。
posted by barrel at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年11月17日

Vista用IEEE 1394カード

無事にSEOの講義に関する契約を結ぶことになって、授業が始まっています。
すでに2課まで、終わっていて、毎回ビデオをまわしていたのですが、以前使っていたカードで取り込みができない><
おそらくカード自体が壊れてしまったみたいです。

で、今回Vista対応のカードをタオバオで買いました。
1394カード
品名はLogitec LHA-1394L
つなげたら設定無しで認識しました。ドライバも自動で入っています。

やっぱタオバオ最高ですね。
カードは38元(約600円)
送料20元(約300円)
でした。
posted by barrel at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年08月03日

pdmpfs自体のログ

pdmpfs自体のログが2G超えていた。

あと、root宛てのメールも1Gを超えている。

というわけで、どちらも記録しないように設定した。

$ emacs backup.sh
# LOG=${LOGDIR}/pdumpfs.log
LOG=/dev/null

# emacs /etc/aliases
root: /dev/null

こっちはあまり良くないんだろうけど。

メモ
posted by barrel at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年03月27日

自動でWEBのスクリーンショット

前からこんな機能がつけばいいなと思っていましたが、いよいよやってみました。
用意したもの
LINUXサーバー(Fedora core3)

XvfbとFirefoxとImageMagickでWebページのサムネイルを自動生成する方法を参考にしてみました。

xvfb、Firefox、imagemagickともにインストールされています。
調べ方
$ yum list installed | grep Xvfb
xorg-x11-Xvfb.i386 6.8.1-12 installed

で、スクリプトを動かすとこんな感じになっちゃいます。
プロファイル

参考サイトのように、
キャプチャ用のプロファイルを作成
localstore.rdfの項目を修正

してうまく出力できるようになりました。

ただ、Flashが表示されないです。
自動でインストールができなかったので、
# rpm -ivh flash-plugin-10.0.22.87-release.i386.rpm
としたところ、どうやらglibcが古くてインストール不可。

# rpm -ivh flash-plugin-9.0.48.0-release.i386.rpm
古いバージョンをインストールして完了。(良いのか?)

けど、フォントが良くないなぁ・・

SEO
posted by barrel at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2009年02月26日

GRUBとかMBRとか

会社Fedoraサーバーが立ち上がらなくなっちゃいました。

NASを入れたので、サーバーは動作確認用と、毎日実行系のプログラムが動いてるだけなので業務自体に支障があるわけじゃないけど、こうなると頭が痛い。

症状は

--------------------------------------------------------------
GRUB version 0.5.96.1 (640k lower / 3072k upper memory)

[Minimal BASH-like line editiing is supported. For the first word, TAB
lists possible command completion. Anywhere else TAB lists the possible
completions of a device/filename. ]

grub>
--------------------------------------------------------------

こんな感じでとまってしまう。

少しググって見るとどうやらMBRが破損して立ち上がらないみたいです。

GRUBのセットアップを参考に

grub> root (hd2,0)
grub> kernel /boot/vmlinuz--2.6.9-1.667 root=/dev/hda0
grub> initrd /initrd-initrd-2.6.9-1.667.img
grub> boot

で立ち上がるようにはなりました。

なるほど、GRUBすごいです。

はて、次からはどうやって立ち上げたらいいものやら。


--------
追記
と思ったら間違えてた。

ここの環境では
grub> root (hd2,0)
grub> kernel /boot/vmlinuz--2.6.9-1.667 root=/dev/sda1
grub> initrd /boot/initrd-initrd-2.6.9-1.667.img
grub> boot

でした。

posted by barrel at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年12月12日

CG-NSC2100GT

サーバーは調子悪いと直せる人が他にいないので、手軽なRAID対応のNASを買いました。

CG-NSC2100GTを192.168.100.22に設定して

サーバー(Fedora core3)192.168.100.20からは

# mount -t nfs 192.168.100.22:/VOLUME1/PICTURE /mnt
mount: 192.168.100.22:/VOLUME1/PICTURE failed, reason given by server: 許可がありません

となってしまって、マウントできない。

NASの設定画面から、「フォルダ/プリンタ設定」→「アクセス設定」→「LINUX/UNIX共有」で、サーバーのIPアドレスを入れると無事マウントできました。
corega.gif

さっそく、コピー中。

晴れドロップシッピング
posted by barrel at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年12月10日

gigabitに移行

RAID対応のNASを導入しようかと思って、まずは環境をギガビットに移行しました。
今のNASってほとんどギガビット対応ですね^^
10台ちょいあるPCのうち半分くらいはオンボードでギガビットに対応しています。
新たに買ったのは、ギガビット対応のSWICH。
TP-LINK TL-SG1024
どうやらジャンボフレームには対応していないみたい。
まあ、ネットワークプリンターやら設定が必要やらいろんなものの問題が出る可能性を考えるとジャンボ対応はしなくていいかなって気もしています。
値段は500元くらいでした。(タオバオ)

サーバーのほうは、Fedora core3にRTL8169をくっつけたら、何もしないで認識使えるようになりました。

で、いざ全体をつなぐと・・・
ギガ対応のうち、4台が認識しない OR 100ベースでしかつながらない。
cat5のケーブルがだめなんかな。
つながってるPCだと、以前より3倍はスピードがでています。
PNGファイルあたりの拡大サムネールの表示も速いです。

スピード計測までしたいけど、ちょいめんどうだな。
VISTAのネットワークモニターみたいなやつで、以前は10Mあたりでちょうど頭打ちだったのが、50Mくらいでています。(アバウトだ・・)
晴れ期限切れドメイン
posted by barrel at 12:10| Comment(0) | TrackBack(1) | PC等

2008年11月18日

rt57iのメモリー使用率表示

たまに、内線の音が悪い。
やっぱり国際間、特に中国は回線速度がまだ十分でないのでつらいのかな?
ひとまずメモリーの消費も問題と思うので、調べ方のメモ

「コマンドの実行」にて
show environment

とすると表示される。
イーサネットアドレス: 00:a0:de:**** メモリ: 35% used
ちなみに今はかなり音がいい。
posted by barrel at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年11月17日

_VUC69~7とかいうファイル

最近、ネットワーク上にMACを入れ始めたんだけど、その後「_VUC69~7」とかいうファイルがそれぞれのディレクトリに現れてきた。
ちょっとウザイ。
調べてみると、ほんとは「:2eDS_Store」っていうファイルができてるんだけど、WINからは表示できないので、タイトルのファイル名になるみたいです。
emacs /etc/samba/smb.conf
で、
veto files = /:2eDS_Store/
を追加してOK
今はこんな感じになっているけど
veto files = /.Apple*/:2eDS_Store/
*は逆に遅くなるかな?
posted by barrel at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年11月14日

SDカードを使ったSSD

最近はサーバー上にデータをすべて置いて、PC側は10GB程度しか使っていない状態なので、SSDもいいかなぁって思っています。
さすがにPCが10台以上あると、定期的にどっかしらのHDDが壊れてしまうのと、新しく買うと無駄に160Gもあったりでなんとなくもったいない。
で、こんな製品みつけました。
最大容量192GB、手軽に安価なSSDを自作できるアダプタが登場
これはいいなぁ。
メモリが壊れても、その部分だけ買えばいいし、4GのSDなんて1000円もしないしなぁ。
RAIDが5だっけな。1個死んでもそのまま運営できるやつに対応してればもう言うことないなぁ。
晴れ検索エンジン登録
posted by barrel at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年10月27日

fedoreのIDEをSATAに移行

うちのサーバー(FC3)のマザーボードがぶっ飛びました。
ひとまずデータを移して別のマザーボードにくっつけたらそのまま認識。(あまり良くないんだろうけど)
で、IDEのHDDもそろそろやばいなぁってことで、手持ちのSATAの中で一番小さい80Gにシステムを入れて、別のSATAにデータ。さらに別のIDEに日時差分バックアップ用ということでちょっと設定をしなおしました。
メモ
・IDE(PATA)をSATAにddでコピーしても起動できない。
・いったんSATAにクリーンインストールして、/boot以外をコピー、/etc/fstabを元ファイルを参考に修正。(こっちは無事起動)
・最後にIDEのドライブを足したら、デバイス名が変わった
(hda→sda)
で、もういったん/etc/fstabを修正するとOK
ちなみにコピーは、cp -a にて行った。
37Gのデータで約5時間ほど・・・
あ、データーの移行はknoppix5.1から行った。

晴れホームページ制作
posted by barrel at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年10月08日

Core2QUAD

久しぶりに新しいデザイナーを採用しました。
ってわけで、こないだ日本で買ってきたCore2QUADの出番がやっときた。
型番は2.4GのQ6600です。

メモ
買った場所
西安路電子城 2Fの拓金
マザーボード MSI G31M3 400元
メモリー 2G 200元 大連でも安い!
サムソンのモニター SAMSUNG 2243LNX 1690元

で、感動のコア4!!
no-title

けど、前回使ってたのが、E6500(Core2Duo 2.4G)なので、同じ2.4Gだしほとんど変わらないです・・><

posted by barrel at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年10月02日

RT57iのPPTPパススルー設定

どうやらルーター内からVPNで接続するには、PPTPパススルーの設定が必要なようです。
設定方法はこちらにありました。(すごく参考になりました。)

メモ
「詳細設定と情報」→「ファイアウォール設定」→「ファイアウォールの設定インタフェース」→「IPv4フィルタ」
「IPv4 静的IPフィルタの一覧」→「追加」
pass しない gre * * 192.168.100.0/24 *
posted by barrel at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年09月19日

vista + RT57i + VPN

海外のドメインレジストラと契約したかったんだけど、どうも中国から規制されてるのが多いようです。

で、VPNで日本に通したいとか思ったのでメモ

ますVista側での設定は
PPTP-vistaにかなり詳しくのってます。

だけど、つながらず・・
原因を探ると
「Windows VistaからPPTPにおける認証プロトコル「MS-CHAP」が廃止された。
認証プロトコル「MS-CHAP v2」で接続する必要があるが、RT57i/RT58iのかんたん設定では「MS-CHAP」がデフォルトで設定されるため、接続に失敗する。」
こんなのが原因らしい
VistaからRT57i/58iへのPPTP接続が失敗する
解決方法は
「RT57i/58iのかんたん設定画面からPPTPの認証プロトコルを変更することはできない。
telnetでRTにログインし、以下の設定を変更。

pp auth request mschap -> pp auth request mschap-v2」
とのこと。

けど、まだできてない・・
晴れ検索エンジン登録
posted by barrel at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年09月14日

php4にdomxmlのインストール

YahooのSDKを使ってあれこれしたいなと思って、サンプルコードを入れてみるとうちのFedora3なサーバーはdomxmlが無くて対応していないらしい。

で、インストールメモ
# yum -y install php-domxml
# /etc/init.d/httpd restart
これだけで使えるようになりますね。

晴れホームページ制作
posted by barrel at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年01月18日

サーバーのHDDぶっ壊れる

なんかカラカラ音がし始めて、モーター?が再起動するような感じになってしまった。
もちろん、起動しない・・・
ごくたまに起動できるときがあるんで、なんとか復旧できるかな?と思い調べてみた。
dd_rescueを使って、壊れかけのHDDから別のHDDへ移行する方法
こちらと同じように、knoppixで起動し、dd_rescueでいとも簡単に復活した。
エラーは何度かでてたみたいだけど、今のところ普通に使えてます。
旧HDD40G、新HDD160G
スレーブに新HDDをつけて
# dd_rescue /dev/hda /dev/hdb
だけで新HDDで立ち上がります。
時間は計ってないけど1時間もかからなかったんじゃないかな。
旧HDDにはFedora core3のほかに日本語XPと中国語XPが入っていたのでどうなるかと思ったけど、そこも問題ないみたい。

---------以下、個人的メモ------------
新しく120Gほどの空き領域ができたので、パーティションを作った。(hda3となった)
で、自動マウントは
# emacs /etc/fstab
最後の行を修正
/dev/hda3 /home2 ext3 defaults 0 0
posted by barrel at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年01月16日

googleカレンダーとical形式(PHP)の同期

進捗管理にPHP+MySQLな自前システムを使っているのですが、ごくたまに取りこぼしが。。。(お客さんから連絡が来て、え!忘れてた状態・・・)
これじゃ行けないので、スタッフのスケジュール管理に使っているGoogleカレンダーと同期を取りたいと思って調べてみました。

以下、自分用メモ

結果は、カレンダーの「URLで追加」機能をつかうとすごく簡単にできます。
まずは、
1.Googleカレンダーで読み込めるようにical形式で出力
2.それだけでは日本語が文字化けするので、数値文字参照に変換
3.URLで追加する
だけです。

--------------------------
<?

require('config.php');
require('database.php');

// 現在進行中のリスト
$sql="SELECT MAX(XXX) as pid, name, s_limit from AAAA LEFT JOIN BBBB ON XXX = XXX where XXX IS NOT NULL GROUP BY XX ORDER BY XX";

print <<<EOD
BEGIN:VCALENDAR
PRODID:calender name
VERSION:2.0
METHOD:PUBLISH
CALSCALE:GREGORIAN
X-WR-CALNAME:calender name
X-WR-CALDESC:calender name
X-WR-TIMEZONE:Asia/Tokyo
EOD;

$convmap = array(0x0080, 0xffff, 0, 0xffff);

$conn_id=dbconnect();
$result = dbproc($conn_id,$sql);

while($Data = mysql_fetch_array( $result )){
 $pid = $Data['pid'];
 $name = i18n_convert($Data['name'], "UTF-8", "EUC"); // EUC -> SJIS
 $name = mb_encode_numericentity($name, $convmap, "UTF-8");
 $dtstart = str_replace('-', '', $Data['s_limit']);
 print <<<EOD
BEGIN:VEVENT
UID:$pid
DESCRIPTION:$name
DTSTART:$dtstart
DTEND:$dtstart
SUMMARY:$name
END:VEVENT
 EOD;
}

dbdisconnect($conn_id);
 

print <<<EOD
BEGIN:VTIMEZONE
TZID:Asia/Tokyo
BEGIN:STANDARD
DTSTART:19700101T000000
TZOFFSETFROM:+0900
TZOFFSETTO:+0900
END:STANDARD
END:VTIMEZONE
END:VCALENDAR
EOD;

?>
-----------------------

即席だけどこんなんでOKかな。
あとはG以外のアクセスは規制をつけたい。

カレンダーの同期のタイミングは、まだつかめていないです。
1日に数回更新されるようなので、現状は問題ない感じです。
XXXとかはおきかえてます。

参考にしたところ
phpで数値文字参照
RDFカレンダー -- iCalendarとRSSによるイベント情報の公開と活用
posted by barrel at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等

2008年01月15日

WINからsambaの領域表示

スタッフも増えてきて、ファイルの管理をどうしようかと考えています。
MACをファイルサーバーにして、タイムマシーンでバックアップもいいなぁとは思うけど、コストが高い・・
で、ひとまずすでにテスト用サーバーとして稼動しているFedora core3なサーバーを利用することに。
で、samba+pdumpfsで行こうと決める。
ただ、WINから空き領域とかが見れなくてちょい苦戦したのでメモ。
sambaのネットワークドライブ

画像のように、ネットワークフォルダをコンピュータにドラックするとネットワークドライブとして認識される。
で、そのまま空き領域が表示される。
ちなみに、現在の4.8Gはテスト用・・・
posted by barrel at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC等